フルフィルメント瞑想

トリニティ&フルトリニティ&ボディラブトリニティ実践練習会

HOME > トリニティ・メソッド > トリニティ実践練習会

トリニティのフォローアップ実践練習会

トリニティのシェア & ブラッシュアップ!

< 参加資格 >

トリニティ・プラクティショナー認定者の方
または
フルトリニティ・プラクティショナー認定者の方
または
ボディラブトリニティ基礎セミナー修了者の方

 トリニティメソッドをもっともっと使いこなして、

  自分だけでは気づきにくい部分のアトラクション(条件付け)を解放したい

  ヒーリングの練習をしたい、人から癒される体験を堪能したい

  「無条件の愛」と「自己充足」に満ち満ちる感覚を共有・共鳴・共振したい

  「魂の使命」に委ねて生きる人生を加速させたい

 という方のための、

 トリニティを観る精度をさらに高めて、目覚めを深めていくワークショップです。


皆さんで一緒に実践を重ねることで、グループワークのダイナミズムに乗って、
無条件の愛のフィールドをさらに確固たるものに純化し、
人生にどんどん浸透させていきましょう♪

内 容:
参加者の皆さんのリクエストに応じて、毎回フォーカスする部分は変わり、
自由なプロセスに身を任せるプログラムです。

  • その後の変化や目覚めの体験のシェア
  • 強化したい部分の復習と実践演習
  • アトラクションのシェア・発見・掘り下げ・無条件化
  • 最新情報の共有、アップデート、バージョンアップ など

ご参加いただいた方のご感想

練習会の中で「自分を無条件に愛せる奇跡の9回ワーク」を、参加者皆で
輪っかになってワークしましたが、この体験がとんでもないものでした。

今思えば、あれが無条件の愛のエネルギーだったのでしょうか?

文字通り、カラダ全身をエネルギーがだだ漏れに駆け巡り、
まっすぐ立って入られませんでした。

ワークなどで、
あそこまで顕著に愛のエネルギーをはっきりと感じたのは今までにないです。

とても祝福されたようなものすごい愛でした。

また自己充足レベル1、2、3を全部みんなでワークした後は
頭がすっきりで少し覚醒気味?になっていて、
ちょっとこれほんとすごいかも! と思いました。

たった2時間でしたが、とても濃密な時間でした。

セミナーを受講した後に家で実際にワークをしてみると
思い出せない部分も多かったので、
特にレベル1から3はしっかりと復習ができてよかったです。

今回の実践練習会では特にレベル2の体感を大きく感じました。
一種の恍惚とした余韻のエネルギーを感じることができました。

レベル3については、
第7チャクラに気のようなエネルギーを感じることができましたが、
レベル2で感じた感覚ではなく、よりシャープな感覚のエネルギーを感じました。

セミナー前は3Dの分離のアトラクションがものすごく気になる感覚があり、
自分と他人を比較して否定的になる時期がありましたが、今は、そちらが薄れて
2Dの時間のアトラクションが気になっているのか、
思考はほとんど未来や過去のことをあれこれと考えている自分を意識している感じです。

セミナー後
ほぼ毎日、テキストの基本フレーズでワークした。
日常生活でのアトラクションの無条件化はあまりフレーズにこだわらずに、
思いついたらするという感じで行った。
チャネリングセッション以降、思考にはまっている時間が長くなった。
ワークする事にちょっと、抵抗感が出てきた。

練習会
レベル1からレベル3までをあらためてした時、セミナー時より、
より大きなエネルギーが動くのを感じた。
セミナー時は、頭が働くなくなっていたので、良く覚えていないところもあったので、もう一度丁寧にワークできて良かった。
奇跡の9回ワークも、順番を間違えて覚えていました。
こちらも、セミナー時よりエネルギーの体感は強力になりました。
セミナーの時と同じで、思考の働きが弱まり、あまり考えられなくなりました。

練習会後
日常の空に沈み込む意識が、さらにどっしりとしっかりしたものになった。
無条件化のワークで動くエネルギーが、さらに大きくなり、きれいに動くと言うか、
スムーズに収まってゆく感じになった。
無条件化のフレーズに関しては、あまり正確さにこだわらずに、
とにかくやってみるという感じです。

トリニティは、テキストを読み返したり、無条件化のワークをしていると、
確認したい事がちょこちょこ出てくるので、
また練習会でひとつひとつ解決していければいいな思います。

今回練習会に参加させて頂いて良かった点は、
①シェアと、②レベル1~3ワークの見直し、ができたことでした。

【①シェア】

ここで言いたいのは、他人のシェアが聞けてよかったです!
ということではありません。

自分が発言する「シェア」について、練習会で得た気づきです。

まず、シェアには、
講師の先生方や他のプラクティショナーの方から受けるシェアと、
自分が発言するシェアがあります。

言い換えると、
「客観的」に聞く。(他者→自分)、
「主観的」に発言する。(自分→他者)
となると思います。
(※客観を判断するのは主観なので、真の客観はない、ということは
ここでは置いておきます)

これまで、瞑想会などでシェアをする機会は何回かあったので慣れたつもりでした。
また、主観・客観の切替は継ぎ目なく行われるので意識することはありませんでした。

今回の練習会では、
自分が行うシェア(発言)が、そもそもアトラクション(マインド)のワナ
にハマッた結果生まれたものだったのではないか、と考えました。

他人の疑問系シェアは、何を条件付けているからその疑問に至った
(問題視している)のかを感じることができます。
なので、トリニティを使ってどう無条件可すればいいか何となく見当がつきます。
(注:私はヒーラー・カウンセラーではないので自分に置き換えてこんな感じかな
と思うという意味です)

一方、自分が、いったん疑問(問題)と思ったことは、不思議なもので、
「これは疑問(問題)なのだ(=現実なのだ、解決が必要だ)」というアトラクションに
どっぷり浸かってしまいます。

そして、これは重要なことなのだー!と言わんばかりに発言(シェア)します。
他人から見ると上段のようなことが起きているのだと思います。
(なので、本当に意味では「シェア」になっていないような・・。
他に同じアトラクションのワナにハマッている方がいたらシェアになるでしょうか)

私の場合、「トリニティによる無条件化」もアトラクションのワナにハマッていました。
ワナとは、「やり方に関するこだわり」でした。

こだわらなくてもいいよ、といわれるほど「本当だろうか、大丈夫だろうか」
と思うループにはまりました。

そうなると、「自分はやり方にこだわりを持っていることを無条件化すればいい!」
という方向に思考が向かなくなります。
(アトラクション恐るべし、一旦気づくと簡単なのですが・・・)

練習会では、
気がつかないうちにハマリ込む条件付けループ(条件が条件に見えない状況)から、
どのように条件に気づき、無条件化プロセスに持ち込むかが学べました。

【②レベル1~3ワークの復習】

今回のワークの復習で一番良かった点は、
レベル1~3を改めて見直すことができた点でした。
レベル1~3による自分の状態の底上げがポイントなのだと思いました。

そもそも、レベル1~3のワークを、
トリニティを学習するプロセスであると勘違いしていました。
セミナー後は、ワークのやり方が曖昧であったこともあり
実践していませんでした。
(いざやると、5分もかからないことなのに)

しかし、
個別の事象に対応できる無条件化手法を学ぶと、
それが全てであるかのように思えてしまいました。

そして、
日常生活の中で自分の「マインドが騒ぎだすような事柄」(以下、事柄)
に対して個別の無条件化ワークを適用していました。

しかし、それは対症療法でした。

事柄を発生させる原因となる自分自身は大して変わっていないので、
同じような事柄を作っては無条件化を繰り返していました。
(それを私に知らせようとしているのか、同じ事が行く先々で起きていました。)

テキストのレベル1~3の説明文をよくよく読んでみると
自分が条件付けし、分離したものを無条件化して、2元性を統合し、
本来の自分を思い出すワークでした。

つまり、マインドが騒ぎ出す事柄を作る根本原因を解消することを含む、
個別の無条件化を超えた大きな役割を担っていることがわかりました。

【③その他】

トリニティによる無条件化により、事柄に関する葛藤が減ってきたせいか、
導きや気づきが増えた気がします。

人生の学習プロセスが進んだのでしょうか。

自分が出くわすことは、それを通じて何かを教えようとしている、
何かを象徴している、と強く確信できることが一段と増えました。


2日間みっちりとトリニティワーク漬けだったのにもかかわらず、
9回ワークや自己充足エクスタシーなどメソッドの中核部分の重要性を
あまり感じていなかった事が間違っていた事に気がつけました。

というのも、2日間の中できっちりとやったので、もう十分なもの、
と思っていました!

私は私で満足していたのですが、やはりもう一度やり直してみると
なるほどやった方が良さそうという感想でした。おさらい大事です。

私自身、今日参加するまで、かなり理由の分からない、葛藤が頭を駆け巡っており、
結構しんどく、自分ではちょっと抜けきれない感があったところで参加しましたが、
それは練習会とは名ばかりの、強烈なトリニティーワークショップのように感じました。

無条件の愛の9回ワークや自己充足セクスタシー1、2、3、をやりましたが、
これをまず参加者の皆さんで一緒にやれるのはものすごい。
本当に、僕的には、クセになる感じです。

愛の9回ワークはみんなでやるのは超きもち良いし、
自己充足レベル1、2、3を終える頃には、目覚めと覚醒が進んでいるのが、
かなり明らかに分かります。 

また、参加者皆さんで、今ある悩み等をシェアし、
皆さんで一緒に無条件化していくことで、
自分の抱えてきていた悩みもどんどん無条件化されていったように思います。

内容、密度が濃かったせいか、3時間でも一日瞑想会ぐらいの充実感を感じられました。

私としては個人的な疑問点や質問も多くできてよかったのですが、
欲を言えば他の皆さんの体験や疑問点、改善したい課題なども
もっと聞きたいと思いました。

とりあえず行ってみよう、というスタンスで
特にコレといった意図もなく参加したのですが(笑)
3時間あっという間で、大変楽しかったです。

わたしの場合、奇跡の9回ワークは普段全然やらないので、
練習会の場で出来て非常に良かったです。

忘れていたことを思い出したり、フレーズの作り方など
参考になり、楽しかったです。


気づいたこと・変化したこと

一期一会で集まった参加者でシェアする内容が、シンクロしている部分があるような気がしました。

また、皆でシェアした内容から決めたフレーズで無条件化していくたびに、
自分が今日抱えていた葛藤からの苦しみがどんどん軽くなってきている感じがありました。

会が終わる頃には、まるで瞑想会を終えたようなすっきり感がありました。

参加者の「魂の色タイプ」がわかるので、
「あの人は私と同じ色だ」とか、「私の家族と同じ色だ」と思って見ていると、
意見などにも傾向があったりして面白い発見が多いと思いました。

現在、2日程経ちましたが、変化の際によく起こる、
思考がグラグラしたり、眠くなったりするような感覚を感じています。

おさらい会はメンバーがまた違っていたので雰囲気も様変わりして新鮮でした。

Yさんが、グループワークの時に笑い出してしまって
ワークの流れがぐにゃぐゃしたときに、
前の私は流れを乱す事柄に多分イライラしてただろうと思うのですが、
その時は全く気持ちを乱される事がなかったです。
逆につられるくらいの余裕がありました!

ブラッシュアップ会の前にKさんのボディトークの練習台にならせてもらいました。
その時に言われた事の1つに「男性性のバランス」があり少し気になっていたので、
練習会後に自己充足エクスタシー2を何度かしてみました。
何かがガラッと変わったわけではないのですが、
カウンセリングでもテーマになっていた「自立」に通じると思うので
今後も気にして2をやってみようと思ってます。

最近、岡田尊司先生の「愛着障害」「回避性愛着障害」を読み、
私にとって助けになる素晴らしい本に出会えて感動しています。
高橋さんのカウンセリングでもあったような気づきのある本でした。
変化といえば、こういった出会いが増えている感があります。

私は、普段はフレーズだけの練習をしていますので
みんなでできるワークが出来ることが復習会の良さだと思いました。

また、フレーズはそんなに型にはめなくても大丈夫なのだと理解しました。
他の方の意見も参考になりました。

最初の講習会のときは、魂のタイプについては5タイプしかない事もあり、
「当てはまる人もいれば全然ちがう人もいるだろう」くらいに思っていて、
軽く受け流していたのですが、
同タイプの人が複数人いると、質問のポイント等が似通っていたので、
ちゃんとタイプとしての傾向が見えたことが面白かったです。

シェアすることや質問があまり思いつかないのが若干困りましたww
「テキストに書いてあるフレーズをそのまま使えばOK」と教えて頂いたので、
そこに対して突っ込んだ疑問も無く、
ただ思いついた時に淡々と「父と子と精霊の・・・」とやってるものですから、
細かく質問する方をみると、その熱心さ(真面目さや注意深さ)に
「すごいな~」と素直に感心してしまいます。

トリニティのおかげか、「どうにかしなければ」と思っていたアレコレについて、
「なるようにしかならない」とハッキリと思うようになりました。
先々のことを考えてグルグルと悩むこともめっきり減った気がします。


どんな方におすすめですか?

とりあえず初回のセミナー受けた方、全員におオススメしたいです。

他の方のシェアを聞くだけでも何か気づきはあったので、
私のように何の疑問を持ってなくても、参加すること自体に意義はあると思います。

興味のある人には誰でもオススメしてよいのではないかと思いました。

座学に進むお試しのような感覚で。

瞑想会に参加されている方でトリニティープラクティショナーの方々。

皆さんでワークをすることが楽しみです。

瞑想などの経験のある人も無い人も、
幅広い層の人にオススメできるかと思います。

強いて言えば、一見すると宗教的なアヤシイ儀式なのかなと思ってしまいそうなので、
そういった事に対する抵抗感や偏見の少ない人なら特にオススメしたいと思います。

普段、ひとりで練習している方


ホールハートへのメッセージ・ご要望

2回目の練習会でしたが、どんどん実りある会にしようと努力されている紀子さんの
努力も伺えて、とても充実した練習会でした。

瞑想会とはまた違った味の会ですが、こちらもとても充実した会です。

本当に、このように、参加者のために、力を尽くしてくださりありがとうございます。

おかげさまで、また一段と自分が無条件化されて、充足に入れてきているように思えます。

2人方で、そして、参加者達みんなで作り出される練習会はとても気持ちが良いです。

この場を作っていただいてありがとうございました。

いつもお世話になっています。

瞑想、ディクシャ、ボディトーク、トリニティなど、様々な選択肢があるおかげで、
意識的なもの、肉体的なもの、感情的な問題、感覚的な問題など、
多方面から取り組む事ができているように思います。

今後も新しい癒しの手法や、今までの手法を効果的に使っていくための
セミナーなどがあれば随時参加していきたいと思っています。

毎回沢山のお菓子とたっぷりお茶を出して頂けてなんだか得した気分になります笑。
ありがとうございます。

グループや相手がいないとできないワークを中心の内容で
十分参加した甲斐があったと思いました。

1回の質問や意見に対して、とても丁寧に教えてくださるので、
すごくありがたい気分になります。

要望というか思い付いた事ですが、
トリニティを受けられた他の方がシェアされた事やその時の話など聞けると面白いかな、と思いました。

いつもありがとうございます。

いろいろなお話しはとても勉強になります。


トリニティ実践練習会 開催スケジュール


日 程 :  1015日 () 12:0015:00

参 加 費 : 5000円 当日現金にてお支払いください

会 場 :  当サロン ホールハート(Whole Heart) >> 交通アクセス


トリニティ実践練習会のご予約・お申し込みフォーム

  • 迷惑メールの設定をされている方は、お手数ですが、送信される前に
    『wholeheart.jp』からのメールを受信可能にするドメイン指定設定をお願いいたします。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional