瞑想

ELM瞑想/フルフィルメント瞑想とマントラ

HOME > ELM瞑想/フルフィルメント瞑想 > 関連キーワード

マントラとは

ELM瞑想/フルフィルメント瞑想のマントラ

マントラとはサンスクリット語の言葉です。

ELM瞑想/フルフィルメント瞑想では、このマントラ空から生まれた波動が加わります

マントラを習うことは、とても精妙な過程を
含んでおり、特別に訓練を受けた瞑想の
教師から直接伝えられなければなりません。

教師は、プージャと呼ばれるセレモニーを通して、
空からの精妙かつパワフルなエネルギーで、マントラを活性化させ、
マントラをあなたにお渡しします。

プージャを通して活性化されていないマントラは、ただの言葉に過ぎません。

一度マントラが活性化されると、それはあなたの中で永遠に存在し続けます。

ですから、一度伝授を受ければ、そのマントラ一生に渡って使えるのです。

そして、教えられた通りに瞑想することによって、
あなたが毎回行う瞑想は必ず成功します。

マントラを受け取ったら、口に出したり、紙に書いたり、
意識的に外に出すようなことはしないでください。

マントラはとても微細で精妙な波動です。

そうした行為によって、マントラを一所懸命覚えておこうとしたり、
その波動を意識化しようしたりすると、マインドが音の方にこだわってしまい、
その本質にある精妙さを捉えにくくなってしまいます。

マントラを渡されたら、あなたの心の中にやさしくしまっておいてください。

このELM瞑想/フルフィルメント瞑想は不思議なことに、
マントラを口に出してしまっても、
たとえどんな音だったかをすっかり忘れてしまっても大丈夫です。

その波動が消えてしまうことは決してありません。

マントラを覚えていられるかどうかを心配する必要はありません。

瞑想するときは、そのマントラを心の中で何度も唱え続けたりはしません。

瞑想のはじめに、そのマントラの波動をただ感じることを軽く意図するだけです。

マントラに身を委ね、おまかせするだけで、
ハートとマインドは自動的にマントラの波動に導かれて空に向かい、
自然に瞑想状態に入ります。

瞑想でマントラを育てよう

マントラは《 》のようなものです。

土に埋めた種に、毎日適量の水を与えるように、
毎日の瞑想の実践によって、種が発芽し、大地に
根を張り、少しずつ大きくなって育っていきます。

瞑想の効果は、初日の瞑想から発揮されます。

あなたの中に眠っているさらなる意識の目覚めや、
潜在能力・魅力なども、瞑想の実践の積み重ねに伴って、開花していきます。

大地にしっかりの根を張って(瞑想の習慣を定着させて土台を築き)、
育った大木から果実を受け取るのも(効果を高め、確実な成果を受け取る)、
日々の瞑想からの援助と、内なる誠実性からの行動次第です。

マントラは、伝授されただけでは効果は出ませんので、日々楽しみながら瞑想し、
マントラを愛用してみてください。

成果を確実に受け取ることができるように、ぜひマントラ大事に育ててあげて下さい。

>> 瞑想伝授のお申し込み

>> ELM瞑想/フルフィルメント瞑想とは?

>> ELM瞑想/フルフィルメント瞑想 関連キーワード



powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional